トランプの姪、暴露本で「ドナルドは社会病質人格障害者」

トランプ大統領の姪が暴露本出版 姪は「ドナルドは社会病質人格障害者」と人格分析

記事まとめ

  • ドナルド・トランプ大統領の姪のメアリー・トランプ氏が暴露本を出版した
  • メアリー氏は「トランプ家は、家族として機能しないほど崩壊していた」と語っている
  • さらに、メアリー氏は「ドナルドは社会病質人格障害者」と人格分析している

トランプの姪、暴露本で「ドナルドは社会病質人格障害者」

トランプの姪、暴露本で「ドナルドは社会病質人格障害者」

メアリー・トランプは「(トランプ米大統領は)精神的虐待を受けてきた」と話した (写真/時事通信社)

「トランプ家は、家族として機能しないほど崩壊していました。ドナルドという人物は、そんなトランプ家が産み落とした“怪物”なのです」

 そう語るのは、ドナルド・トランプ米大統領(74才)の姪で臨床心理学者のメアリー・トランプ(55才)。叔父であり、世界中から注目される自国のリーダーであるドナルドに対して、彼女の言葉は冷ややかだ。

「ドナルドはその家庭環境から、『喪失』『恐れ』『孤独』といった感情を植え付けられていきました。それらに打ち勝つための強い防御意識が、彼の深層心理に定着し、彼のような人格が出来上がったのです」

 表情は常に自信満々、誰に対しても上から目線、時に暴言とも取れるセンセーショナルな発言で耳目を集め続けるドナルド。よほど“人生負け知らず”でないと、そこまで自信と自己肯定感の固まりにはなれないのではないかと思える。しかし、その姿を近くで見てきた姪は「彼が精神的虐待を受けてきた結果だ」と指摘する。

 メアリーは「ドナルドが大統領を2期務めれば、アメリカの民主主義は終わる」と警鐘を鳴らす。そんな「危険な男」の原点とは──。

 11月3日の米大統領選挙まで2か月を切った。新型コロナの感染拡大と経済混乱、黒人差別問題など課題が山積、アメリカではかつてないほど政治的関心が高まっている。

「7月の選挙戦当初、世論調査では対抗馬である民主党のジョー・バイデン前副大統領(77才)が、トランプ氏に大きく差をつけてリード。バイデン氏の圧倒的有利と思われていました。しかし、8月末に行われた調査ではトランプ氏が僅差に追い上げ、8ポイントあった差は2.5ポイントまで縮まりました。まだまったく結果が読めない状況です」(在米ジャーナリスト)

 再選に向け、意気軒昂なドナルド。しかし、そんな彼の「急所」となる本がアメリカで7月14日に発売された。ドナルドの兄の長女で、姪にあたるメアリーが記した『Too Much and Never Enough』だ。数あるドナルドの関連本の中でも、「初の身内による暴露本」として大きな注目を集め、9月上旬時点で全米で190万部を突破。その邦訳本が9月15日、日本でも緊急出版された。邦題は『世界で最も危険な男』(小学館刊)だ。

 日頃は怖い物知らずのドナルドも、この本には反応せざるを得なかった。 発売直後には《彼女(メアリー)は私のことをほとんど知らない。頭が混乱している人物だ》とツイッターで批判。さらに、発売直前にも、“攻撃”を仕掛けていたという。

「トランプ氏は暴露本の出版阻止に動いていたといわれています。出版前、トランプ氏の実弟・ロバート氏が裁判所に出版の差し止め請求の訴えを起こしました。ただ、当時ロバート氏はICUに入るほどの深刻な病状で入院中だった。そんな瀕死の弟を退院させ、差し止め請求をさせたのがトランプ氏だったそうです」(前出・在米ジャーナリスト)

 ドナルドが色をなして同書を闇に葬り去ろうとしたのは、そこによほど“明かされたくないこと”が綴られていたからにほかならない。

 暴露本ではドナルドの脱税や替え玉受験を指摘するだけでなく、メアリーによるドナルドの人格分析がされている。

「ドナルドは、他人とうまくつきあう能力を欠いた『社会病質人格障害者(ソシオパス)』です。世の中に出て他者とまじわって生きていく力は損なわれ、彼は常に孤立していました」

 要因となったのは、彼が生まれた“トランプ一族”にあるという。

「弱さこそ最大の罪」という父

 ドナルド・トランプは1946年、トランプ家の第4子として、米ニューヨーク州に生まれた。祖父フリードリヒ・トランプは、ドイツ西部の小さな村に生まれ、アメリカへと渡った移民。飲食店や売春宿を営み、ひと財産を築いた。

 その財産をさらに大きくさせたのが、父フレッド・トランプだ。フリードリヒがスペイン風邪で急死すると、家長となったフレッドは建築業の勉強に専念する。瞬く間にその才能を開花させたフレッドは15才の若さで不動産会社を創業し、ニューヨーク市内に数多くの住宅を建設するなどして短期間で会社を急成長させた。政財界の重要人物との人脈も広かった。

 その一方、家庭のことは妻のメアリー・アンに任せきりの亭主関白でもあった。“育児は女がやるのが当たり前。自分にとって重要なのは家庭より仕事。だが、家族のことはすべて自分の一存で決める”という考えを持つ父親だったという。

 幼い頃のドナルドが育ったのは、そんな父親に独裁的に「支配」された家庭だった。

「フレッドは悩みも苦しみも持ち合わせない人格でした。人間らしい“生の感情”は持たず、親としても夫としても厳格で融通が利かない。彼にとっては“弱さこそ最大の罪”。加えて、“女は生まれつき男より劣っているもの”と決めつける性差別主義者。彼が関心を持っているのは、成功しつつあるビジネスの行方だけでした」(メアリー・以下同)

 臨床心理学者のメアリーによるとフレッドは「ソシオパス」の特徴をいくつも有するという。共感性を持たず、すらすらと嘘をつく、善悪の区別に無関心で、他者の人権を意に介さず平気で踏みにじる──そうした人物を親に持つことが、子供の人間的成長に与える影響は絶大だった。

「親がソシオパスだと、感情の表し方や人間関係のつくり方、道徳心などを学ぶべき時期に、それができません。そうした過酷な環境にいる子供は“混乱”に陥ります」

 何よりカネとビジネスを最優先にするフレッドは、子供の相手をすることがとにかく面倒だった。そうした「無関心」がドナルドの人間的成長をさらに妨げた。メアリーは同書の中で次のように綴る。

《フレッドは普通のときでさえ、子供が愛情を求めるそういう行動を煩わしいとしか思わなかった》《(ドナルドとその弟ロバートが)寂しがって甘えたがれば甘えたがるほど、フレッドは二人を遠ざけた》(《 》内・以下同)

 子供の成長期の心理に詳しいメアリー曰く「乳幼児の行動はすべて、親からの愛情表現を求めるためのもの」。子供が笑顔を向ければ親から笑顔が返され、涙を見せれば優しく抱きしめられるべきだという。しかし、そうした愛情表現は、フレッドにとって忌み嫌うべきものだった。父にそうした愛情表現を求めたドナルドは、時に激しい怒りを買い、ついには普通の子供のように父親から愛されることを諦めねばならなかった。

《結局、子どもたちは外界から孤立しただけでなく、子どもどうしでも疎外感を抱くようになっていく。つまり、他者と仲間関係を築くことがどんどん難しくなった》

※女性セブン2020年9月24日・10月1日号

関連記事(外部サイト)