最高裁判事の後任指名でトランプがバイデンを押しまくる

最高裁判事の後任指名でトランプがバイデンを押しまくる

アメリカの良心の死が大統領選挙を揺らしている(AFP=時事)

 9月18日、アメリカ最高裁のルース・ベイダー・ギンズバーグ判事がすい臓がんのため死去した。享年87。リベラル派の象徴的な存在で、最高裁判事を務めた27年間、一貫して女性やマイノリティの権利擁護に奮闘した。「RBG」の愛称で、アメリカ人なら誰もが知る存在だった。大統領選挙が佳境に入った折も折、その後任問題が大きな関心を集める。ニューヨーク在住ジャーナリスト・佐藤則男氏がリポートする。

 * * *
 ギンズバーグ氏は史上2人目の最高裁女性判事で、女性やマイノリティの権利を強力に擁護した。どんな政権でも、どんな世相でも、高いインテリジェンスと品格に満ちたブレない人格者であり、アメリカ中から尊敬の念を集めていた。

 ハーバード・ロー・スクールを卒業後、幼い子供がいたという理由で弁護士事務所に採用されず就職に苦労したという。そんな経験もあり、弁護士として、そして後に裁判官として、アメリカを代表するフェミニストの一人であり続けた。

 現在の最高裁は長官を含む9人の判事のうち保守派が5人で多数を占めている。最高裁判事の任期は終身。トランプ大統領はこれまですでに、保守派判事2人を最高裁に送り込んでいる。リベラル派のギンズバーグ判事の後任が保守派になった場合、判事の構成は6対3で圧倒的に保守寄りになる。そのような不均衡は極めて異例である。トランプ氏は自分の任期中に後任を指名すると意気込んでおり、民主党が押し切られれば、大統領選挙の結果に関係なく、長きにわたってアメリカの司法判断は大きく保守に傾く。バイデン氏は、後継指名は新政権が行うべきだと主張するが、今のところあまり効果的な反論になっていない。

 ギンズバーグ氏が亡くなった翌日、トランプ氏はノースカロライナ州に大統領選キャンペーンのために出かけた。主催者発表で3万2000人の聴衆が詰めかけた演説会場に姿を見せる前、トランプ氏はギンズバーグ氏の死に哀悼の意を表していた。いかに言動がめちゃくちゃなトランプ氏でも、同判事に尊敬の念を示したことは正しい。しかしながら、後任を9月20日からの週にも指名し、「手続きは非常に早く進む」と宣言したことは、司法を支配しようとする間違った意欲がにじみ出ていると感じさせた。

 それでもトランプ氏の演説は聴衆を引き付ける力がある。原稿もなく、プロンプターも使わない。演説の前に大事な数字だけは頭に入れ、それに簡単な形容詞を加え、独自の論理を構成し、具体的に話す言葉は壇上で自然に浮かんでくるようだ。いわばナチュラルスピーカーなのである。観衆が何を聞きたいか瞬時につかみ、実践できる。政治エンターテイナーとして天才的な俳優であることは間違いない。

 ただし、話の中身はいつも危うい。日本に関することでいえば、アメリカが明らかに損をするTPP脱退などを簡単に決め、自分にしかできなかった決断だと自画自賛する。イスラム過激派のリーダーを殺したと誇る。それがアメリカにどんな影響をもたらすか、新たな脅威を生むかは、演説の中では全く配慮されていないようだ。事実をベースに語り、自分が話す内容を正確に理解するということは苦手である。結果として嘘をつくことにもなる。

 それでも、ライバルであるバイデン氏よりも魅力的に映る。バイデン氏はまじめな性格から政策をていねいに語るが、あまりにも抽象的で聴衆には響かない。あとは家族の話をするのが定番で、友人の話や自分の人生も語る。戦いのさなかにこれだけでは、トランプ氏に見劣りするのは当たり前である。バイデン氏はもっと必死に、鬼にならねばならない。

 自分の支持者を効率的に喜ばせる術を知っているトランプ氏は、「公約」したとおりに最高裁判事の後任指名を急ぐだろう。思いがけなく浮上した前哨戦で、バイデン氏の旗色は極めて悪い。それが何年にもわたってアメリカに禍根を残す可能性も高まっている。

関連記事(外部サイト)