『愛の不時着』の北朝鮮描写 実際はどうなのか専門家に聞く

『愛の不時着』の北朝鮮描写 実際はどうなのか専門家に聞く

『愛の不時着』のシーンは現実では…(写真/共同通信社)

 Netflixで配信されるや大人気となっている韓国ドラマ『愛の不時着』。配信開始からすでに7か月が経っているが、リピーターも含めて、その人気が衰えない。

 北朝鮮に不時着した韓国令嬢のユン・セリ(ソン・イェジン)と、彼女を救った北朝鮮の軍人リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)との恋を描く同作品。当然ながら、知られざる北朝鮮の実態が描かれることも多い。

 そこで、作品に登場した北朝鮮に関する描写について、北朝鮮事情に詳しい慶應義塾大学准教授の磯崎敦仁さんに、教えてもらった。

村人みんなで体操

『愛の不時着』を見ていると、「北朝鮮ってホントにそうなの?」と気になる場面がいくつもある。例えば、北朝鮮に不時着したセリが初めて目撃した村人たちは、韓国では見たことがない体操をしていた。あの体操は、実際に北朝鮮では広く行われているという。

「『律動体操』というもので、1990年代に金正恩国務委員会委員長の父親である金正日総書記(当時)の指示で開始されました。子供向け、大衆向けなどいくつかのバージョンがあります。ラジオ体操のようなもので、職場や地域ごとに行うように奨励されています」(磯崎さん・以下同)

抜き打ち検査はある!

 ジョンヒョクの自宅に匿われていたセリだが、ジョンヒョクと敵対する上官チョ・チョルガンの指示による夜中の「宿泊検閲」で見つかってしまう(2話)。こうした“抜き打ち検査”は本当にあるのか。

「実際に行われています。韓国製品の所有にターゲットを絞ったものではなく、例えば、すべての家に掲げられている金日成主席・金正日国防委員長の肖像がほこりをかぶっていないかなども重視されます。ドラマで描かれたのは韓国との軍事境界線付近にある開城という地域なので、抜き打ち検査はほかの地域よりも重点的に行われているのでは。ドラマでは最高指導者の肖像画を出さないなど、相当気を使っている様子がうかがえました」

冷蔵庫は国家の夢

 冷蔵庫を「物入れ代わり」に使っているのも、充分にあり得るという。

「北朝鮮では慢性的な電力不足に悩まされていて、特に地方では冷蔵庫は使い物になりません。あれは実際の暮らしに近い描写です」

一家に一台製麺機

 1話では、ジョンヒョクが手慣れた様子でトウモロコシの粉を使って麺を打ち、セリにふるまう場面がある。

「米が不足しているので、トウモロコシなどの雑穀が食べられています。実際に、麺にすることも多いと聞いています」

焼きはまぐりは平壌名物

 ただし、磯崎さんが首を傾げるのは、セリとも別れが近づいた第5中隊のメンバーが、庭で地面に置いたはまぐりにガソリンをかけて焼き、宴会をするシーンだ(4話)。

「脱北者の証言でも、一般的な家庭で食べているという話はほとんど聞いたことがありません。はまぐりのガソリン焼きは外国人が北朝鮮に行ったときに食べるものとしては定番で、北朝鮮の観光資源になっている。見た目も豪快で面白いですしね。平壌郊外の南浦名物とされています」

韓流ファンは少ない

 セリが入院先の病院で、北朝鮮の少女から「BTSの推しは誰?」と尋ねられるシーン(7話)もある。さすが世界で活躍するアイドル・BTS(防弾少年団)だけあって、北朝鮮でも存在が知られているのだろうか?

「それは実情より誇張されているでしょうね。韓国の映画や音楽に触れる人がいることは、北朝鮮当局が『帝国主義者の思想・文化的浸透策動』などという言葉で警戒していることからも明らかです。

 しかし、北朝鮮の多くの人が韓国の文化に触れているかといえば、それも違う。脱北者の中には韓国ドラマなどに感化されたと証言する人もいますが、脱北者の数は北朝鮮の総人口からすれば年ごとに2万〜3万人に1人。北朝鮮社会の全体像を描いているとはいえません」

 少なくとも、病院の中でBTSの話題がのぼる確率はかなり低そうだ。

 知れば知るほど見たくなる『愛の不時着』。“不時着沼”からは当分、脱出できそうにない?

※女性セブン2020年10月15日号

関連記事(外部サイト)