香港デモの名物女性 深センで45日間拘束、強制的な思想教育も

香港デモの名物女性 深センで45日間拘束、強制的な思想教育も

デモ参加者やメディアによく知られた人物だったという…

 昨年8月の香港での反政府デモに参加して以来、消息が途絶えていた64歳の香港人女性アレクサンドラ・ウォンさんが10月中旬、香港で記者会見を開き、広東省深センに滞在中、地元警察に身柄を拘束され、デモなどの活動に参加しないことを条件に釈放されたことを明らかにした。

 中国側がウォンさんの身柄拘束における具体的な容疑を明確にしていないこと、他の民主活動家と違い、民主化団体には加盟しておらず個人での活動だったことから、ウォンさんは中国警察の行為は違法であると訴えている。英BBCなどが報じた。

 ウォンさんは、自分の身長ほどもある大きなイギリス国旗を振ってデモに参加することが多く、デモ参加者やメディアの間では非常に有名で「おばあちゃんウォン」との愛称で呼ばれていた。

 昨年8月のデモ参加後、深センに入った際、ウォンさんは警官に身柄を拘束され、そのまま警察の拘置所に連行。合計45日間拘禁されたが、警察はこの間、彼女の容疑を明らかにしなかったという。

 ウォンさんは会見で「その拘置所で死ぬのではないかと心配した」と発言。毎日10数時間の過酷な取り調べを受けたという。

 45日間の取り調べの後、ウォンさんはビデオカメラの前で、「拷問は受けていない」と言うように強制されたほか、今後は抗議デモに参加せず、メディアのインタビューも受けないことを誓約書に書いて署名をするよう強要されたという。また、これまでの抗議活動も間違っていたとも告白せざるを得ず、「これらのことは私の人生で最悪のことだった」と涙を流しながら訴えていた。

 警官らはウォンさん保釈の前に、中国共産党の歴史を学ぶ必要があるとして、「愛国ツアー」への参加を強制。このツアーは、かつて毛沢東ら中国共産党指導者が立てこもって、国共内戦や抗日戦争を戦ったことで「中国共産革命の聖地」といわれる陝西省延安などを訪問するものだという。

 ツアーでは毎日、中国の国歌「義勇軍行進曲」を歌ったり、中国の国旗「五星紅旗」を振って、カメラに収まるなど、屈辱的な扱いを受けたとウォンさんは語っている。

 その後、ウォンさんは保釈されたが、当分の間、深センに滞在するように強要され、10月になって、ようやく香港に戻ることが許可されたという。

 ウォンさんは会見で「政治情勢に抜本的な変化が訪れない限り、もう大陸に行く勇気はないが、私は死ぬまで戦いをあきらめません」と強気なところを見せていた。

関連記事(外部サイト)