池上彰氏、バイデン政権の不安「日本もアメリカも民主党は内紛する」

20日にバイデン大統領が誕生へ 長年大統領選を取材してきた池上彰氏が船出を不安視

記事まとめ

  • トランプ氏と支持者らによる抵抗が続く中、20日にジョー・バイデン大統領が誕生する
  • 長年大統領選を取材してきた池上彰氏と、トランプ陣営で潜入取材する横田増生氏が対談
  • バイデン氏は米大統領史上、最弱の大統領としてスタートするとの声がある、とは池上氏

池上彰氏、バイデン政権の不安「日本もアメリカも民主党は内紛する」

池上彰氏、バイデン政権の不安「日本もアメリカも民主党は内紛する」

池上彰氏はバイデン政権のどこを懸念?

 トランプ氏と支持者らによる強烈な抵抗が続く中、いよいよ1月20日にジョー・バイデン大統領が誕生する。長年大統領選を取材してきた池上彰氏と、アメリカでトランプ陣営への潜入取材を続けてきた横田増生氏が緊急対談した。

 * * *
横田:トランプ支持者は「バイデンを大統領として認めない」と口を揃えて言います。7400万人(※トランプ氏は大統領選で現職としては最高となる7400万票を獲得した)全員ではないにせよ、その大半がアンチ・バイデンとみられる。逆風の中の船出となるバイデンは大変ですね。

池上:バイデン氏はアメリカ大統領史上、最弱の大統領としてスタートするとの声があるほどです。これまでのアメリカには選挙で争っても、いざ大統領が決まれば国民一丸となって祝福する伝統がありましたが、今は穏健な共和党支持者がトランプ氏に愛想を尽かして姿を消し、その代わりにこれまで政治と無縁だった人が大挙してトランプ氏を支持するようになり、何があろうとバイデン勝利を認めません。共和党自体がトランプ党になってしまった感があります。

横田:そう思います。今後もトランプ支持者がアメリカ社会の不安要素であることは間違いありません。何せ彼らは平気でライフル銃を抱えて集会に参加しますからね。

池上:日本人は「アメリカ人は政治意識が高くてみんな選挙に行く」と思い込んでいますが、実際の投票率は6割前後で日本と変わりません。一方で、あらゆることを陰謀で解釈する陰謀論者が表に出て、トランプ氏を支持するようになった。トランプ氏の出現でこれまで見えなかったアメリカが可視化されました。

横田:こうした状況でバイデンはアメリカをどうリードするでしょうか。

池上:なかなか見えてきませんが、一つ言えるのは、多様性を重視する姿勢です。白人中心のトランプ氏とは違い、ラティーノやアジア系、LGBTQなどマイノリティの支持を得て政権を運営しようとしています。

 そこで不安要素となるのがバーニー・サンダースやエリザベス・ウォーレンといった党内左派です。この人たちは、「バイデンの政策は生ぬるい」として、徹底した累進課税や国民皆保険の実現を訴えています。

横田:左からも突き上げを食らうことになると。

池上:日本もアメリカも「民主党」という名がつくと内紛します(笑い)。アメリカの民主党左派は、“バイデンは嫌だけど、トランプはもっと嫌”だから、鼻をつまんでバイデン氏に投票した。目下の敵がいなくなれば、内輪揉めが始まります。

横田:一つの試金石になるのは、バイデン氏がコロナにどう対処するかでしょう。トランプ氏のコロナ対策は連邦政府と州政府がほとんど連携せず感染拡大を招く一因となりました。が、速やかなワクチン接種や感染拡大防止策でコロナが落ち着けば、人心がある程度、安定するはずです。

【プロフィール】
池上彰(いけがみ・あきら)/1950年長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年NHK入局。1994年から「週刊こどもニュース」のお父さん役を11年務め、2005年よりフリージャーナリストとして活動。2016年より名城大学教授、東京工業大学特命教授。

横田増生(よこた・ますお)/1965年福岡県生まれ。アイオワ大学ジャーナリズムスクールで修士号。物流業界紙の記者、編集長を務め、1999年フリーに。2020年、『潜入ルポ amazon帝国』(小社刊)で新潮ドキュメント賞受賞。写真はトランプ陣営の選挙ボランティアに潜入時。

※週刊ポスト2021年1月29日号

関連記事(外部サイト)