バイデン新政権下での日米関係「外務省はやりやすくなる」と池上彰氏

バイデン新政権下での日米関係「外務省はやりやすくなる」と池上彰氏

バイデン政権では日米外交にどんな違いが?(写真/AFP=時事)

 1月20日にジョー・バイデン大統領が就任。アメリカの同盟国である日本には、どんな影響があるのだろうか。長年大統領選を取材してきた池上彰氏と、アメリカでトランプ陣営への潜入取材を続けてきた横田増生氏が緊急対談した。

 * * *
横田:日米関係はどうなるでしょうか。

池上:外務省からするとトランプ氏は予測不能だけど、常識人のバイデン氏なら何をするかが読めます。多国間の関係も重視するので、外務省はやりやすくなるでしょう。

横田:確かにトランプはすべて損得勘定の人で、グループよりも2国間の関係重視でしたからね。

池上:ただし米中が対立して「どっちにつくんだ」と迫られたら、日本は困ります。自由と民主主義という理念でいえば、もちろんアメリカが大事だけど、経済面で中国を切るわけにはいきません。冷戦時代に中国との関係では政治と経済を分ける「政経分離」が唱えられましたが、その現代版になる気がします。

横田:世界的にも中国の経済力に同調する国は増えるでしょうか。

池上:東南アジアやアフリカなど、中国に肩入れする国は間違いなく増えています。ただ中国の経済力を頼りにしてきたEUは近年、メルケル首相のドイツを中心に中国離れが進んでいます。それは中国から遠いからできるわけであって、隣国である日本ではそうはいかない。今後、バイデン氏から「中国の技術を使うな」などと横やりが入ると、日本は非常に苦しい立場になります。

横田:とはいえ、今のアメリカは日本のことは眼中にないですよね。今回の大統領選ではトランプのスピーチを数多く聞きましたが、彼の口から「ジャパン」と言う言葉が出てきたことはほとんどありません。1回だけ「俺がアベ(安倍晋三・前首相)にミシガンの工場を作らせた」と自慢していましたが、まるっきり嘘ですから。

池上:バイデン氏の演説にも日本への言及はありません。私は2008年から大統領選を取材しているけど、大統領候補が日本に触れることはなく、日米関係を気にしているアメリカ国民は皆無と言っていい。ヨーロッパやロシア、中国には関心がある一方、日本はどうせ仲間だろうとの意識もあるし、そもそも日本がどこにあるかわからないアメリカ人がたくさんいます。

横田:日本のニュースはほとんど報じられないから、菅政権が誕生して何がどうなったか、僕にはよくわかりません。

池上:バイデン氏が当選した時、トランプ氏と昵懇の安倍さんが首相だったら困ったでしょうね。「バイデン次期大統領」と言おうものなら、トランプ氏に「シンゾー、お前は認めるのか。この裏切り者」と詰られたかもしれない。

 その分、菅さんとバイデン氏なら余計な心配をせず、「仲良くしましょう」と話ができます。ただしバイデン氏と菅さんでは、本当に地味な印象になります(苦笑)。

横田:バイデンのいいところは、トランプのように嘘をつかないところです。彼は先妻と子供2人を事故や病気で亡くし、弱者への思いが強い。

池上:東日本大震災の時も、副大統領として宮城県名取市を訪れて被災者を激励しました。

横田:トランプには欠落している慈愛の精神があります。

池上:これまでは良くも悪くもトランプ氏にかき回されたので、皮肉な言い方をすれば、これからの日米関係は面白くなくなるでしょう。本来、国と国との関係はそうあるべきなんです。

【プロフィール】
池上彰(いけがみ・あきら)/1950年長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年NHK入局。1994年から「週刊こどもニュース」のお父さん役を11年務め、2005年よりフリージャーナリストとして活動。2016年より名城大学教授、東京工業大学特命教授。

横田増生(よこた・ますお)/1965年福岡県生まれ。アイオワ大学ジャーナリズムスクールで修士号。物流業界紙の記者、編集長を務め、1999年フリーに。2020年、『潜入ルポ amazon帝国』(小社刊)で新潮ドキュメント賞受賞。写真はトランプ陣営の選挙ボランティアに潜入時。

※週刊ポスト2021年1月29日号

関連記事(外部サイト)