「シン」と「重光」 ロッテ創業者・重光武雄の生涯

「シン」と「重光」 ロッテ創業者・重光武雄の生涯

30代の頃の重光武雄氏。長男・宏之(左)、次男・昭夫を腕に(宏之氏提供)

 今年に入りソウル地裁が慰安婦訴訟で日本政府に賠償を命じるなど、韓国では「反日」の動きがいまだ収まらない。かつてないほど冷えきった日韓関係を回復する手立てはもう存在しないのか──。

 解決の糸口を探るには、両国の戦後の歩みを詳しく知る必要がある。その際に避けて通れないのが、裸一貫から巨万の富を築き、両国間でフィクサーとして暗躍した経営者の存在だ。気鋭のジャーナリスト・西崎伸彦氏が、週刊ポストの集中連載で日韓裏面史を克明に描く。(文中敬称略)

 * * *
 人間に表と裏があるように、歴史にも華やかな表舞台と年表には載らない裏面史がある。

“戦後最悪”と言われるほどに拗れた日韓関係を紐解くと、その節目には必ず両国のパイプ役となる大物の存在があった。彼らは表の外交交渉ではなく、バックチャンネルで蠢き、1965年の日韓国交正常化や韓国の経済成長である“漢江の奇跡”の礎を築くために奔走した。

“昭和の妖怪”と畏れられた岸信介元首相の懐刀だった「国策研究会」の矢次一夫、歴史研究者でありながら日韓のフィクサーとして暗躍した崔書勉、暴力団「東声会」を率いて日韓の裏社会を生きた町井久之……。

 そしてもう一人、日韓裏面史を語るうえで欠かせない存在がロッテの創業者、重光武雄だ。

 重光は日本統治下の1922年に韓国で生まれ、十代で海峡を渡り、戦後の1948年に日本で菓子会社「ロッテ」を設立。やがて祖国に“凱旋”し、日韓を跨ぐ総資産約9兆円の企業グループを作り上げた。日本でロッテは老舗の菓子メーカーとして知られるが、韓国では流通、石油化学、建設、ホテル、レジャーなどをカバーする一大財閥だ。

 重光の元側近で、ロッテ球団の代表も務めた松尾守人が語る。

「重光さんはマスコミ嫌いで、自分について多くを語らなかった。ただ、彼が日韓のパイプ役として果たした役割は非常に大きかったと思います。一時は親韓派を中心に20数名に及ぶ日本の政治家に多額の寄付をしていました。その一方で母国を愛し、日韓国交正常化の交渉過程では韓国側の一員として会合にも立ち会っています。彼と一度、日韓の補償問題について話したことがあるのですが、『立場上、韓国側で話はしたよ。ただ、僕は日本の事情も分かるから、折り合いがつく金額で話をしたさ』とだけ語っていました」

 重光の“政商”としての人脈は幅広かった。それを象徴するのが東京・赤坂の通称“コロンビア通り”に面した12階建てのヴィンテージマンションだ。重光一家は1970年ごろ、ここに居を構えていたが、その上階にはロッテに縁の深い二人の大物が住んでいた。一人は岸元首相の筆頭秘書だった中村長芳。彼はのちにロッテが球団を買収した際のオーナーとなる。そして、東京タワーを望む12階のロッテ所有の部屋は、1963年に韓国で発足した朴正煕政権で、駐日大使や中央情報部、通称KCIAのトップに就いた李厚洛が別宅にしていた。この人脈が日韓関係に与えた影響については、この連載で後ほど詳しく記していく。

 長い月日を経て日韓に人脈を築いた重光は昨年1月19日、98歳でその生涯を閉じた。

 晩年は決して華やかなものではなかった。2015年から続く二人の息子の経営権争いや一族の不正経理事件でブランドイメージが失墜。韓国では「ロッテは日本企業なのか、韓国企業なのか」という命題を最後まで突き付けられた。

 その重光も鬼籍に入った今、繋ぎ役が機能しなくなった日韓関係は、解決の糸口すら見失ってしまった。しかし、その手掛かりは重光が背負った日韓の相克にこそあるのではないか。

 日本では“重光武雄”、韓国では本名の“辛格浩(シンキョクホ)”という二つの名前を使い分けた男。一体彼は何者だったのか──。

家族を捨てた「両班の長男」

 辛格浩は1922年に韓国南東部、蔚山の貧しい農家に十人兄弟の長男として生まれた。

 実弟で、辛家の四男の宣浩(85)が振り返る。

「両班(特権的な身分の官僚)の出だと聞かされていましたが、田舎の両班ですから貧しかったです。父はまったく仕事をせず、いつも麻の白い服を着て、長いキセルをくわえていた。子供が騒いだらそれで頭を叩くのです。働き者の母が家族を支えていました」

 辛は地元の農業学校を卒業後、種羊場で働き始めた。そして17歳で近隣で一番の富農の娘と結婚するが、翌1941年、彼は身重の妻や両親に何も告げることなく、忽然と姿を消す。釜山から関釜連絡船に乗り、日本に渡ったのだ。事情を知るロッテの元役員が解説する。

「重光さんがいた種羊場には獣医出身の日本人場長がいました。その場長は礼儀正しく頭もいい重光さんのことを高く評価し、『彼をこのまま農場の作業員にしておくのは惜しい』と言って、日本行きの手配をしてくれたそうです」

 重光は後年になっても当時の詳しい経緯を語ろうとはせず、「あの頃は役場の仕事を手伝うか、郵便局か、バスの運転手くらいしか仕事がなかった」と話すのみだったという。

 長男が突然失踪した辛家は騒然となった。前出の宣浩が述懐する。

「まだ幼かった私にも、大変なことが起こったと分かりました。家族が亡くなったかのような重い雰囲気が漂い、父は警察に捜索願を出した」

 出奔時の所持金は、給料の約2か月分の83円だったという。だが、その詳細は本人が語るたびに変節し、所持金が120円になることもあれば、時には14歳で家を出たと話すこともあった。彼にとって若き日の決断は、誇らしい思い出であると同時に、忘れ去りたい“原風景”だったのかもしれない。

 下関で下船し、初めて日本に足を踏み入れた。そこで特高警察の洗礼を受けた。彼は後年、知人に「自分の態度が警察の癇に障ったらしく、ひどく殴られた」と打ち明けている。差別の対象である韓国人としての“苦悩”の始まり。彼はこの日を境に、“辛格浩”から創氏改名による通称名“重光武雄”として生きる道を選んだとされる。ロッテOBが語る。

「東京に辿り着いた重光は、牛乳配達や工場の雑役、トラックの荷の積み下ろしなど様々なアルバイトを経験したそうです。昼間は働きながら、夜は早稲田高等工学校の応用化学科で学び、苦学して卒業したとされています」

 ロッテを設立するのは渡日からわずか7年後の1948年。登記簿上の住所は杉並区荻窪で、資本金は100万円だった。公務員の初任給が約3000円の時代、100万円は宝くじの特等賞金と同額だ。

終戦後に手にした「100万円」

 草創期のロッテに囁かれていた謎の一つが、この100万円の創業資金の出所である。重光はいかにしてこれほどの金を手にしたのか。

 その転機は1944年に訪れた。重光はアルバイト先の質屋で60代の“花光”と名乗る老人と出会う。その後の人生を決定付ける恩人との邂逅だった。

「その老人が日頃の重光の熱心な働きぶりを見て、『資金を出すから旋盤用の切削油を作る工場をやってみないか』と声を掛けたのです」(同前)

 戦時下、軍用機などを作る軍需工場では、金属の切削加工に不可欠な切削油の需要が高まっていた。そこにビジネスチャンスを見出した花光は5万円という大金を重光に出したという。5万円は今の貨幣価値で億は下らない。20歳そこそこの学生に気前よく大金を出資すること自体、にわかには信じられない話だ。

「重光の成功譚としてたびたび語られる逸話です。重光はそのカネを元手に大田区大森で工場を始める。しかし、空襲で全焼してしまうのです」(同前)

 再起を期した重光は八王子に拠点を移す。ここで過ごした約1年半が重光の人生の岐路となった。

 かつて八王子で洋品店を経営していた父親が、重光と深く関わっていた小島恒男(79)が語る。

「田園調布で洋品店も営んでいた花光さんと私の父は問屋仲間で友人でした。花光さんが疎開するにあたり、引っ越し荷物を置いたのが八王子の農家の蔵。重光さんは門番も兼ねて、そこで暮らすようになったのです」

 花光はビジネスパートナーでもあった当時30代の小島の父に「優秀な男だ」と重光を紹介。切削油の事業は、八王子の染物屋の工場を借りて継続した。

「実務を担った父も出資者の一人だったようです。無口な印象だった重光さんから身の上話を聞き、父は『彼は絶対に成功する。成功しない限り、韓国には帰ることもないから大丈夫だ』と話していたそうです」(同前)

 重光には知恵と勤勉さがあった。ある時、上着が盗まれ、彼がいつになく落胆していたことがあったという。

「その上着には、重光さんが学んできた応用化学の知識が書き込まれた手帳が入っていた。彼は上着よりも、手帳を失ったことをひどく残念がっていたそうです」(同前)

 重光らが作った切削油は立川飛行場などに納品され、順調な滑り出しをみせた。だが、軌道に乗りかかった矢先に八王子を大規模な空襲が襲う。そして約2週間後、日本は終戦を迎える。

 工場は全焼、重光は無一文どころか、多額の借金を抱えたまま終戦の玉音放送を聞いたと伝えられている。ただ、小島によると事実は少し違うという。

「工場は全焼してはいなかったはずです。父たちは切削油の原材料を大量に仕入れていて、それは手付かずで残っていたのです。重光さんはその在庫を使って石鹸を手作りするようになりました。釜で炊いた液状の石鹸を花光さんの持っていたタンスの引き出しに流し込んで固める。それを切り分けて闇市で売ると飛ぶように売れたのです」

 重光の作る石鹸は「よく落ちる」と闇市で評判だったという。

 小島の父親はこの頃、体調を崩し、終戦の年の12月に39歳で急逝。残された重光はその正念場で、反転攻勢に出た。そして終戦からわずか半年で出資金を全て返済する離れ業をやってのけた。

 1946年2月。時の政府は終戦直後の未曾有のインフレの対抗策として「新円切り替え」と「預金封鎖」を断行、通貨の流通量を制限しにかかった。しかし、重光は旧円が新円に切り替わる、わずか数日前に借金をまとめて完済。運を味方につけた彼は、儲けた旧円が紙くずになるロスを最小限に抑える絶妙のタイミングで過去を清算したのだ。

 その3か月後、重光は荻窪に事業拠点を移して石鹸を軸に化粧品も扱うようになった。そしてロッテの前身となる「ひかり特殊化学研究所」を設立。彼が次に目をつけたのは、進駐軍が持ち込んだチューインガムだった。

「苦学していた時代に進駐軍がくれたガムを剃刀で均等に分け、それを綺麗に包装し直して高田馬場で売っていたことがあったそうです。化学を学んだ彼は、ガムの作り方を覚えて改良を加えていったのです」(重光の知人)

 高品質のガムは評判を呼び、重光は20代半ばにしてロッテの創業資金となる巨万の富を手にするのだ。

借金の恩を「倍返し」

 重光は苦しい時に助けてくれた恩人との縁を金の貸し借りだけで片付けなかった。前出の小島は、重光が当時流行りのアメリカ車を駆ってきた姿を憶えている。

「父が亡くなった時、私は4歳。三人の子供を抱え、苦労していた母の背中を見て育ったので、私は中学を出て働くつもりでした。中学卒業間近にちょうど学校の求人にロッテの人材募集が出ていたため、母に重光さんのところに頼みに行ってもらったことがありました」

 重光は会いに来た小島の母親を「どんなことがあっても高校に行かせるべきだ」と強く諭した。

「私が改めて挨拶に行くと、重光さんは『来月から学費を取りに来い』と。それから2か月に一度、ロッテ本社に1万円を受け取りに行きました。月5000円は学費には少し多い額です。それを3年間頂きました。その後、私はロッテに入社し、一従業員としてお世話になりました。重光さんは花光さん一家には社宅を用意して住まわせ、息子をロッテで採用していました」(同前)

 それだけではない。彼は蔚山で世話になった種羊場の場長の親族も、東京での下宿先の大家の息子もロッテに入社させている。詳しい事情は一切語らないが、恩には必ず報いる。その誠実な姿勢は、のちに彼のカリスマ性を際立たせていく。

取材・文/ジャーナリスト・西崎伸彦

※週刊ポスト2021年2月5日号

?

関連記事(外部サイト)

×