ミャンマーのクーデターで得する「中国」という“嫌われる存在”

ミャンマーのクーデターで得する「中国」という“嫌われる存在”

ミャンマー問題で中国が得か

ミャンマーのクーデターで得する「中国」という“嫌われる存在”

ミャンマーのクーデターは世界が見守る

 軍事クーデターから1か月。ミャンマーでは抗議デモが続き、軍が銃撃するなどして多数の死傷者が出ている。混乱が深まる中、欧米による制裁などのリスクが浮上し、外資がミャンマーに投資しにくい状況が生まれつつある。それに喜んでいるのが中国だ。

『池上彰の世界の見方 東南アジア』の著書があるジャーナリストの池上彰氏がミャンマー情勢を解説する。

 * * *
 今年2月1日、ミャンマー軍がクーデターを起こしたニュースは世界に大きな衝撃を与えました。ノーベル平和賞を受賞したこともあるアウンサンスーチー国家顧問を含む政権幹部を拘束したというのですから当然でしょう。

 ミャンマーでは2015年に軍事独裁政権が幕を下ろし、民主的な国家となったと思われていました。それなのになぜ、軍によるクーデターが起きたのか、その理由を考えてみましょう。

 実はミャンマーは民主的な国家となったとは言っても、その民主化は形ばかりのものでした。ミャンマーは二院制ですが、両院ともに定員の4分の1の議席は国軍最高司令官が指名する軍人議員に割り当てられることが憲法で決まっているのです。この規定は民主化する以前に決まっていました。

 残りの4分の3の議席が小選挙区から選ばれるわけですが、軍の利益を代表する政党があり、この政党がある程度の議席を確保すると、軍と対立する民主主義的な政党は残りの4分の3を取ることはできません。最初からそのような仕掛けがあったわけです。

 これまで政権を担ってきた政党NLD(国民民主同盟)のトップはアウンサンスーチーさんですが、彼女の肩書は国家最高顧問兼外務大臣です。国家元首たる大統領ではありません。実は、軍事政権の時に、憲法を改正していたのです。どういう改正か。親族が外国人の者は大統領になれないという改正です。スーチーさんの夫(故人)はイギリス人でした。二人の息子もイギリス国籍です。つまり、彼女を大統領にさせないようにしていたわけです。その憲法は、いまだに改正できず、スーチーさんは大統領になれないままだったのです。

 このように軍に有利な規定が憲法にあったにもかかわらず、なぜクーデターが起きたのでしょう。

 実は昨年11月の選挙で、選挙で決まる議席の約8割をNLDが獲得しました。これにより全議席の過半数をNLDが占めることになります。そうなると、軍が保持したい利益や権力が維持できなくなる可能性がある。そういう危機感から、軍は「11月の選挙で不正があった」と言い続けました。そして、議会が開かれる当日に軍がクーデターを起こしたわけです。議会が何かを決めることができないようにするために起こしたと言えます。

 11月の選挙には日本をはじめ世界各国が選挙監視団を送り、選挙が平穏に順調に行われたことを確認しています。少なくとも大規模な選挙不正は見つかっていないのです。軍による言いがかりと考えていいでしょう。

 ではこのままクーデターを起こした勢力による政権が続くのか。これはまだわかりません。多くのミャンマー国民が反対運動を起こしています。これがどこまで続き、どこまで広がるかを見ていくしかないでしょう。

 ひとつ、クーデターを起こした勢力に有利に働いていると思うのは、民主化以前、軍事政権が首都を移していたことです。現在の首都はネーピードーですが、2005年11月以前はヤンゴン(旧名ラングーン)でした。もし、ヤンゴンで反対運動が盛り上がっていたら、首都にある政権は危機的な状況になったでしょう。人口の少ないネーピードーに移転していたことがクーデター勢力に有利に働いています。首都移転は軍事政権時代のことですから、軍事政権が倒れないようにするための手立てだったのではないかと感じます。

親日的で中国嫌いの人々

 さて、テレビのニュースなどで、日本にいるミャンマー人の人たちがクーデターに反対する抗議運動をしている映像を見た人も多かったのではないでしょうか。その映像の中で、在日ミャンマー人のひとりがこんなことを言っていました。

「ミャンマーには日本企業がたくさん進出しているけど、ミャンマーの人は悪く思っていない。だから日本政府もミャンマーの政府に抗議してほしい」

 この発言は、ミャンマー人が親日的だと伝えて、そんなミャンマーを救ってほしい、日本がミャンマー軍事政権に圧力をかけることを期待しているということですよね。

「ミャンマーを助けてほしいから、親日をアピールしている」と捉える人がいるかもしれませんが、そうとは言えないのです。

 日本は戦前、スーチーさんの父・アウンサン将軍を助けてイギリスからの独立を支援したという過去があります。ただ、日本は傀儡のビルマ国をつくり、アウンサン将軍を失望させてしまうのですが。それでも、現在も日本の「軍艦マーチ」がミャンマー軍の行進曲として使われています。こうした日本とのつながりがあり、親日的な人が多いのです。アウンサンスーチーさんは、かつて京都大学東南アジア研究センターに客員研究員として在籍していたことがあります。ミャンマーの歴史や、アウンサンスーチーさんの半生、日本と東南アジアの関わりなどについては、『池上彰の世界の見方 東南アジア』で詳しく述べているので、興味がある方はお読みになってください。

 逆に中国はミャンマーでは嫌われています。ミャンマーは民主化してから、中国からの投資や援助の割合を減らしてきていました。中国が有償援助をしたり、お金を貸したりという場合、金利が高いのです。世界銀行から借りた場合の金利が1%だとすると、中国から借りると4%から7%くらいになります。そして借金が返せないと実質的に中国のものになってしまうということが、スリランカなどでは起こっています。こういうことに警戒しているわけですね。だから、ミャンマー政府は中国からの投資や援助の割合を減らし、日本や欧米からの投資の割合を増やしてきました。

中国はミャンマーをどう見ているか

 今回のクーデターで欧米が投資や援助を減らしてしまうと、ミャンマーは中国頼りになってしまうでしょう。現在のカンボジアやラオスがそのようになっています。さて、日本はどうするのか。欧米と歩調を合わせるか、それとも投資や援助を続けるのか。非常に難しい選択です。

 中国にしてみれば、ミャンマーを押さえれば、そこから南、つまりインド洋に出られるわけです。今、日本やオーストラリア、アメリカなどは、インドを中国ではなくて、自由主義国の陣営に入れようとしています。もしそれが実現すると、中国にとっては厄介ですが、ミャンマーを押さえられれば、インド洋に自由にアクセスできるわけです。

 今回、中国はミャンマーの軍事政権を批判していません。それには狙いがあります。ミャンマー情勢を知るには、ミャンマーについてのニュースを見るだけでは不十分です。中国や欧米の反応を見ることも重要です。これからも注目していきましょう。

【プロフィール】

池上彰(いけがみ・あきら)/ジャーナリスト。1950年長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。社会部記者などを経て1994年から11年間にわたり「週刊こどもニュース」のお父さん役を務め、わかりやすい解説で人気を集める。2005年NHKを退職しフリージャーナリストに。現在、名城大学教授、東京工業大学特命教授。愛知学院大学、立教大学、信州大学、関西学院大学、日本大学、順天堂大学、東京大学などでも教鞭を執る。主な著書に『池上彰の世界の見方』シリーズ、『池上彰のまんがでわかる現代史』シリーズ、『伝える力』、『私たちはどう働くべきか』などがある。

関連記事(外部サイト)

×