SNSでブロックされ怒り、大学前で女子大生を殺害 同じ大学に通う元彼を逮捕

SNSでブロックされ怒り、大学前で女子大生を殺害 同じ大学に通う元彼を逮捕

画像はイメージです

男女のもつれにSNSが関わることは多いが、とある国ではSNSのブロック機能が大きな犯罪を巻き起こした。

 エジプト・ダカハリーヤ県で、同県に通う女子大生が元交際相手によって殺害された。男の動機は女子大生がSNSで男をブロックしたことだったと海外ニュースサイト『NewsBeezer』と『The Daily Star』、『THE Sun』などが6月22日までに報じた。

 報道によると、女子大生と男は同じ大学に通い交際していたが、約1年半前に別れたという。破局の原因は不明だが、男は女子大生に未練を持ち、嫌がらせのような行為もしていた。男はSNSを通じて女子大生とコンタクトを取ろうとしたが女性は拒否。しつこいからと、女子大生は男をブロックした。

 女子大生が男をブロックしてから経過した期間は不明だが、6月20日の朝に事件は起こった。その日、女子大生はバスで大学に向かったが、男は大学の門で女子大生を待ち伏せ。大学の門に到着し女子大生がバスから降りた際、男は持っていた刃物で女性を何度も刺したそうだ。近くに約40人がいる前での犯行だった。女子大生が倒れてからも男は飛びつくようにして首のあたりを何度も刺したという。

 目撃者や大学の警備員が男を取り押さえ、警備員が武器を取り上げて拘束し、男は駆けつけた警察に逮捕された。女子大生は救急車で病院に運ばれたが救急車の中で死亡が確認されたそうだ。男は女子大生を刺した後、自殺を図ろうとしていたという報道もある。

 警察の調べに対し、男は動機について「SNS(一部報道ではFacebookとされている)で女子大生にブロックされたことで腹を立て、犯行に及んだ」と話している。また別れてから精神的に追い詰められたこと、時期は不明だが女子大生に結婚の申し入れを拒否されたことも犯行の動機になったそうだ。

 なお女子大生は男と別れた後、モデルとして働き始めて有名になり、SNSで多くのフォロワーを獲得するようになっていた。多くのフォロワーを獲得し始めた後に女子大生は男をブロックした。

 『THE Sun』によると地元メディアのインタビューに応じた女子大生の父親は、「男は過去に2回、娘(女子大生)を脅迫した。事件が起こる前にすでに警察に報告済みだった」と話しているそうだ。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「男は女子大生に勝手に執着して殺害。人としてありえない」「人前で殺すあたりかなりの覚悟と怨念を感じる」「SNSで自分はブロックされた一方で、フォロワーを増やす女子大生が許せなかったのかも」「警察が早く捜査を進めていたらこんなことにはならなかっただろう」といった声が挙がっていた。

 SNSをブロックされたという自己中心的な考えからの男の犯行は身勝手で、目撃者を含めた多くの人を巻き込んだ罪も重いといえよう。

 身近な人を刺激し犯罪に発展することもあるようだ。

記事内の引用について
「The accused of killing a Mansoura literature student before prosecutors: “I made a block」(NewsBeezer)より
https://newsbeezer.com/egypteng/the-accused-of-killing-a-mansoura-literature-student-before-prosecutors-i-made-a-block/
「Model's jilted lover stabbed her to death after she blocked him on social media」(The Daily Star)より
https://www.dailystar.co.uk/news/models-jilted-lover-stabbed-death-27296722
「JUSTICE FOR NAIRA Fury as student is stabbed to death in broad daylight ‘by Facebook stalker after she refused to marry him’」(THE Sun)より
https://www.thesun.co.uk/news/18966764/egypt-student-murder-naira-ashraf-stalker/

関連記事(外部サイト)