28歳男、バイトの女子高生に猛アタック 彼氏持ちと知り激怒、女性を殺害 店長にたびたび相談していた

28歳男、バイトの女子高生に猛アタック 彼氏持ちと知り激怒、女性を殺害 店長にたびたび相談していた

画像はイメージです

お近づきになりたい相手がそばにいたら、デートに誘うなどアプローチしてみたくなるものだ。海外には、夢中になったはずの相手を、手にかけてしまった人がいる。

 アメリカ・コロラド州の薬局チェーン店で働くアルバイトの女子高校生が、同僚の男に刃物で刺されて死亡する事件が発生したと海外ニュースサイト『CBS News』『Gazette』などが6月日までに報じた。

 報道によると6月11日19時ごろ、同州コロラドスプリングスの薬局チェーン店の従業員用休憩室で、女性が倒れているのを従業員が発見して警察に通報した。捜査関係者によると、警察が駆け付けたときに女性はすでに死亡しており、周辺には血が飛び散っていたという。首付近に大きな傷があり、刺されたか絞殺されたか、現在死因については調査中だそうだ。

 亡くなった女性は、同店で働く17歳の女子高校生(以下女性)。女性の足元には、従業員バッジ、イヤホンなどが落ちていた。女性は休憩中に襲われたとみられる。警察が休憩室付近に設置してあった監視カメラを確認したところ、女性の同僚で、同店に勤務する28歳の男が映っていた。男は、カメラの前に障害物を置いて、視界をわざと遮るなどしていた。

 また、店長の話では1年ほど前から、男が女性に熱を上げていたそうで、仕事中でも女性に猛アプローチ。不快に感じた女性は、店長にたびたび相談をしていたという。直近では3週間ほど前に、女性から「男と一緒にならないようにシフトを組んでしてほしい」と要望を受けていたそうだ。

 別の従業員によると事件の3か月前から、女性の彼氏が同店で働き始めたとの証言もある。女性に交際相手がいると知った男は、嫉妬し激怒した様子だったという。

 連絡のとれない男を不審に思った警察は、男を指名手配。事件の翌日、現場から約180キロ離れた路上を歩いている男を、パトロール中の警察が発見し身柄を拘束したという。

 男の手や顔には、切り傷が見られたそうだ。男は容疑を否認しており、「私も襲われた。休憩室に入った時、血で滑って転んでしまった。服に血が付いたので、洗うために帰宅した」と捜査関係者に話している。また「女性に夢中になっていたのは認めるが、今はそうでない」と話しているという。

 男は女性を殺害した容疑で、第一級殺人罪で起訴された。近日中に男の裁判が開かれる予定だ。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「自分に振り向いてくれないから殺すとか、ありえない」「女子高生と付き合えると本気で思う、勘違いアラサー男」「女子高生にとって、興味のない三十男など、ただのキモイおっさんだろう」「職場環境が良くない。普通つきまとったら解雇されると思うけど」「店長も彼氏も役立たずだな。相談されていたはずなのに何もしないとは」「バイト先などいくらでもある。女性もさっさと辞めて他で働けばよかったのに」といった声が上がった。

 夢中になった相手が振り向いてくれないからといって、相手を恨んで、命まで奪ってよいはずはないだろう。男には重い判決が予想される。

記事内の引用について
Colorado teen found dead in Walgreens break room had complained about her coworker, affidavit says(CBS News)より
https://www.cbsnews.com/news/riley-whitelaw-walgreens-death-coworker-joshua-johnson-arrested/
Joshua Johnson charged with first-degree murder in killing of teen co-worker at Walgreens(Gazette)より
https://gazette.com/news/joshua-johnson-faces-first-degree-murder-in-killing-of-teen-co-worker-at-walgreens/article_cfcf7b02-f176-11ec-a054-0bc5090ee798.html

関連記事(外部サイト)