妻の浮気現場を目撃した男、浮気相手の尻にカーテンポールを突っ込むなど制裁を加える

妻の浮気現場を目撃した男、浮気相手の尻にカーテンポールを突っ込むなど制裁を加える

画像はイメージです

愛するパートナーの浮気を知ってしまったら、心中穏やかではいられない。海外では、浮気相手に暴行を加えたうえに、とんでもない制裁を加えた人がいる。

 アイルランド・ロングフォード県の住宅で、妻の浮気現場を目撃した男が浮気相手の男性を暴行したとして起訴されていた事件で、裁判所が男に有罪判決を言い渡したと、海外ニュースサイト『Sunday World』『Independent.ie』などが6月24日までに報じた。

 報道によると2018年6月3日、52歳の男Aと、Aの息子で23歳の男(以下息子)は、パブでお酒を飲んでいた。このときAは妻(年齢非公表)から「今夜は友人宅に泊まる」と連絡を受けたという。妻は友人女性とともに、別のパブで飲んでいた。

 Aは妻の浮気を疑っており、息子とともに友人女性宅に車で向かったという。Aの予感は当たっていたようでこの日の夜、妻は友人女性と浮気相手の男性(年齢非公表)と、3人で会っていたそうだ。

 Aと息子は、しばらくして友人女性宅に到着。息子が裏口に向かったところ、窓から寝室の様子が見えたそうだ。Aの妻と浮気相手の男性が、裸でベッドの上にいるのを目撃した。

 2人は玄関ドアを破って室内に侵入。Aはベッドの上にいた妻を突き飛ばし、男性に激しい暴行を働いた。息子も暴行に加わったそうだ。息子はカーテンポールで男性を殴った。男性も反撃して、Aとレスリングのような取っ組み合いになったという。

 被害者の男性によると、Aを抑え込んだ瞬間、男性のお尻付近に「耐えがたい痛み」が走ったという。男性を殴っていたカーテンポールが真っ二つに折れ、息子は、そのうちの1つを男性のお尻に突っ込んだそうだ。Aと息子は男性をそのまま放置して逃走。出血がひどく、男性はすぐに病院に搬送された。

 男性は、腸など内臓に大きな損傷を受けており、緊急手術が行われたという。男性は1年4か月間、人工肛門を装着する生活を余儀なくされた。ケガのせいで、建設関係の仕事も失ったそうだ。男性によると、Aの妻とは数週間前に出会ったばかりで、「夫との関係は終わっている」と聞いていたそうだ。

 のちの裁判で明らかになった情報によると、事件の数年前、Aと妻は別居していた。しかし2人は復縁。Aは妻の自宅に戻り、同居していたという。

 Aと息子は、男性に対する暴行罪で逮捕された。2人とも容疑は認めているようだ。最近になって開かれた裁判では、男性に対する暴行罪で有罪判決、Aは約7年(最後17か月の執行猶予付き)、息子は3年の禁固刑に加えて、約410万円の賠償金の支払いが言い渡された。息子は判決を不服として上訴したが、裁判所は刑期を6年(最後の3年は執行猶予付き)に変更する判決を言い渡したという。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「ひどい。残酷な親子だ」「こんなことをするから、妻に浮気される」「尻に棒を突っ込んだのは息子。息子がヤバい」「制裁を加えるのは、浮気相手ではなく、妻の方では?」「被害者の男性がかわいそう」「配偶者アリの人が主張する『別居中』とか、『終わっている』の話は信じてはいけない」「男の妻が一番悪いと思う。法的には責任は問えないのか」といった声が上がった。

 夫婦関係は複雑で、一朝一夕にはうまくいかないものだ。浮気は褒められたものではないが、その浮気相手を恨んで、暴行して良いはずはない。判決は妥当なものだろう。

記事内の引用について
Jealous husband whose son shoved curtain pole up dad's love rival's anus is jailed(Sunday World)より
https://www.sundayworld.com/crime/courts/jealous-husband-whose-son-shoved-curtain-pole-up-dads-love-rivals-anus-is-jailed/41674573.html
Man who assaulted mother’s lover with broken curtain pole after he discovered them in bed has sentence increased(Independent.ie)より
https://www.independent.ie/irish-news/courts/man-who-assaulted-mothers-lover-with-broken-curtain-pole-after-he-discovered-them-in-bed-has-sentence-increased-41786950.html

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?