66歳女が84歳の夫を殺害「自ら火をつけ自殺」と嘘 住宅ローンや妻の散財で借金あり、保険金目当てか

66歳女が84歳の夫を殺害「自ら火をつけ自殺」と嘘 住宅ローンや妻の散財で借金あり、保険金目当てか

画像はイメージです

夫や妻が殺人事件を起こすことは度々ある。海外では長年連れ添った夫婦であるにもかかわらず、妻がありえない動機で夫を殺害する事件が起きた。

 アメリカ・ペンシルベニア州で、66歳の妻が84歳の夫を裏庭で裸のまま燃やして逮捕された事件で、夫婦に多額の借金があり、保険金目当ての犯行であることが分かったと海外ニュースサイト『MEAWW』と『PhillyVoice』などが6月21日までに報じた。夫婦は結婚して30年だった。

 報道によると6月16日の午前5時ごろ、妻が警察に電話し「裏庭で夫が死んでいる」と通報したという。警察が現場に駆けつけると、妻は警察に「夫は生きたまま自ら火をつけ自殺した」と話した。しかし遺体にハエや幼虫がたかっていたため、警察は夫の死が最近のことではないと疑問を抱いたそうだ。

 警察が妻を問いただすと、妻は「昨日(15日)の午後3時頃、夫は葉巻に火をつけようとして誤って自分に火をつけた」などと供述を変更。警察はなぜすぐに通報しなかったのかと聞いたが、妻は理由を説明できなかった。また火災調査チームが現場を調査したが、遺体の状況から夫は衣服を着ずに裸のまま燃やされていたようだった。妻の証言との矛盾が確認され、さらに現場の証拠や状況からも自殺や葉巻による事故ではないとその場で判断された。

 詳細は明かされていないがいくつかの証拠がそろったため、事件が起きたその日に妻は逮捕され、起訴された。

 妻の供述などは公表されていないが、警察は動機について金銭的なものだと発表。夫婦は約4万ドル(約547万円)の借金を抱えていて、住宅ローンと税金を滞納していたという。借金は夫婦が始めたリムジンの事業の負債に加え、豪華な別荘の購入や、妻が旅行やスパに金銭を費やしたことが原因だった。妻は夫の保険金1万ドル(約137万円)の唯一の受取人だった。妻は保険金を受け取り金銭的な問題を解決しようとしていたという。

 なお、夫は燃やされた状態で発見されたが、現在までに当局は公式に死因を発表していない。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「30年も連れ添った相手を殺害するなんて残酷」「保険金を受け取るために夫を殺害したことが怖い」「妻は旅行などで散々していたようだし、金銭以外にも2人の間には他にも問題があった気がする」「結婚歴が長くてもお金の問題は家族を破綻させる」「妻の言い訳が二転三転して曖昧なあたり、計画性はなさそう。魔がさしたのかも」といった声が挙がっていた。

 長年連れ添っている夫婦でも金銭的な問題は関係性を狂わせ、時には殺人事件にも発展してしまうようだ。

記事内の引用について
「Who is Evelyn Zigerelli-Henderson? Pennsylvania woman, 66, kills and burns husband, 84, on back porch」(MEAWW)より
https://meaww.com/evelyn-zigerelli-henderson-pennsylvania-woman-arrested-for-killing-and-burning-husband
「Ex-political candidate in Pennsylvania killed her husband and burned his body, prosecutors say」(PhillyVoice)より
https://www.phillyvoice.com/dauphin-county-evelyn-zigerelli-henderson-charged-burning-husband-susquehanna/

関連記事(外部サイト)