チア合宿で差別を受けたトランスジェンダー女、チームの女性に暴行 合宿を追放され警察沙汰に

チア合宿で差別を受けたトランスジェンダー女、チームの女性に暴行 合宿を追放され警察沙汰に

画像はイメージです

人が複数集まれば、うわさ話や悪口大会が始まることも少なくない。海外では、悪口を言われた人が暴力を振るって、警察が出動する事態に発展した事件がある。

 アメリカ・テキサス州で、チアリーディング合宿中にチームメイトの女性に暴行を加えたとして、警察がトランスジェンダー女に出頭を命じた。海外ニュースサイト『Daily Mail』『KTSM』などが、8月1日までに報じた。

 報道によるとトランスジェンダーの25歳女Aは、とある大学のキャンパス内で開催されたチアリーディング合宿に参加したという。7月22日、Aはチアリーディング部のチームメイトで17歳の女性から、「ペニスのついた男。チームにいるべきではない」など、差別的な発言をされて激怒。Aと女性は口論に発展し、Aは女性の首を絞めたという。

 女性はAから逃げロッカールームへ。他のチームメイトとともにロッカールームに立てこもったそうだ。Aは女性を追いかけて「出てこい」と呼びかけるなど、けんか腰だったという。通報を受けて駆け付けた警察はAを別の場所へ移動させた。その後、Aはチアリーディング合宿から追放されたという。Aはこの騒動が原因で、チアリーディング部を去ることにしたと、自身のSNSで説明している。

 続けて、Aは「私の人種、性別を差別するような発言をされた。女性と口論はしたが、暴行していない」とSNS上に投稿。しかし捜査関係者によると、事件直後にAは「彼女には少ししか触れてない。冗談でやっただけ」と首を絞めたことを認めるような発言をしていたという。警察は女性を暴行した疑いで、Aに出頭命令を通達した。現在も捜査中の案件だが、証拠がそろい次第、警察はAを起訴する方針だという。なお、女性は首を絞められたようだが、病院へ行くほどではなかったとみられる。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では、「差別は良くない。首を絞められたくらいで騒ぐな」「スポーツマンシップ精神はどこへ? どっちもどっちだ」「男に首を絞められたらそれは恐怖だ」「チアリーダーにナニ付きの女がいるのか!?すごい時代だ」「25歳で大学生? 早く卒業しろ。チアリーディングよりも勉強だろう」「ティーンの子を持つ親としたら、25歳の男が部活にいたら心配だ」といった声が上がった。

 性別、人種などで差別的なことを言われたら怒りたくもなるだろう。だからといって、差別した相手に暴力を振るえば、罰を受けるのは、結局自分自身になってしまう。

記事内の引用について
Trans cheerleader, 25, is given assault citation after 'choking out' teammate, 17, who called her a 'man with a penis' at cheer camp as video taken afterwards shows attacker saying 'I barely touched her'(Daily Mail)より
https://www.dailymail.co.uk/news/article-11067059/Transgender-cheerleader-kicked-cheer-camp-CHOKING-female-teammate-called-man.html
What really happened at Ranger College? Transgender cheerleader kicked out of camp after alleged assault(KTSM)より
https://www.ktsm.com/news/what-really-happened-at-ranger-college-transgender-cheerleader-kicked-out-of-camp-after-alleged-assault/

関連記事(外部サイト)