友人から車を降ろされた女性の悲劇 売春婦と間違われ襲われてしまったワケは

友人から車を降ろされた女性の悲劇 売春婦と間違われ襲われてしまったワケは

画像はイメージです

夜、暗くなってからの女性の一人歩きには注意が必要だろう。海外では、いわくつきの場所を一人で歩いて、危険な目に遭った人がいる。

 アメリカ・ミシガン州サギノーの路上で、歩いていた女性を売春婦と思い込み、女性を襲ったとして、同州警察が46歳の男を逮捕したと、海外ニュースサイト『mlive』が7月27日に報じた。

 同記事によると7月23日午後10時半ごろ、20歳の女性が、女友達の運転する車に同乗していたという。きっかけは不明だが、2人は車内で言い争いを始めた。激怒した女性は、車を飛び降りたそうだ。女友達はそのまま車を発進させて去っていったようだった。

 女性がそのまま通りを歩いていたところ、自転車に乗った46歳男が近づいてきた。男は女性に話しかけ、「お金を払うから」と性交渉を求めたという。女性の歩いていた通りは、かつて売春を求めて人が集まった有名なエリアだそうだ。今では住宅がポツポツと点在する、低所得者層が多く住む地域だ。ミシガン州内でも同エリアは、貧困に起因する犯罪率が高く、治安の悪い場所だという。

 男は女性を「売春婦」と思い込んだと伝えられている。女性は、「私は売春婦ではない、放っておいて」と答え、男を拒絶してそのまま歩き続けた。男は去っていったそうだ。

 女性はしばらく歩き続けたが、ビルの陰から先ほど売春を持ち掛けた男が、女性の前に突然現れた。男は女性を待ち伏せしていたとみられる。男は女性のズボンを下ろしてレイプしようとした。男は女性をつかんで押し倒したが、激しく抵抗した女性はすぐに立ち上がり、走って逃げたそうだ。

 女性は、近くのガソリンスタンドに逃げ込み、助けを求めた。すぐに警察が駆け付け、男の後を追ったところ、付近の道路で自転車に乗っている男を発見し身柄を拘束したという。警察によると、男は約20年前にも本件と似たような強姦未遂事件を起こしている。

 男は、このときの事件で、別件も合わせて約20年から30年の禁固刑判決を受けており、2021年2月まで刑務所にいたそうだ。事件発生時、男は仮釈放中の身であった。男の認否は不明だが、保釈は認められていない。男は再度強姦未遂の容疑で起訴され、8月9日に予備審問で出廷予定だという。

 このニュースが世界に広がるとネット上では「売春婦だから無理やりセックスOKではない」「性犯罪の再犯は多い。一生刑務所に閉じ込めておくべき」「性犯罪者には、ナニを切り取る刑罰が一番有効だと思う」「女性の防犯意識に問題がありそう。人気のない夜道を一人で歩くなどありえない」「怒りに任せて車を飛び降りるからそうなる」「女友達も冷たいな。夜なのに友人を道路に置きざりにしたまま去るとは」「治安の悪い場所は注意が必要だろう」といった声が上がった。

 夜道の女性一人歩きは、なるべく避けたいものだ。ケンカした友達と同じ空間にいたくなかったのかもしれないが、車を降りる場所は選んだ方が良いだろう。

記事内の引用について
Parolee who tried raping 2 Saginaw women in ‘90s charged with assaulting woman walking down street(mlive)より
https://www.mlive.com/news/saginaw-bay-city/2022/07/parolee-who-tried-raping-2-saginaw-women-in-90s-charged-with-assaulting-woman-walking-down-street.html

関連記事(外部サイト)