彼氏に連絡したら見知らぬ女性が応答 浮気を疑った女が彼氏の家に放火、女性の正体は

彼氏に連絡したら見知らぬ女性が応答 浮気を疑った女が彼氏の家に放火、女性の正体は

画像はイメージです

交際相手が自分以外の異性と親しくしていたら、心中穏やかではいられない。海外では、彼氏の浮気を疑った女性が、とんでもない行動に出て話題となっている。

 アメリカ・テキサス州の住宅で火災が発生した事件で、この住宅に放火したとして警察が住人の元交際相手の女を逮捕した。海外ニュースサイト『Valleycentral』『Law and Crime』などが11月24日までに報じた。

 報道によると11月20日、23歳の女がフェイスタイムのアプリを利用して、交際中の男性(年齢不明)の携帯に連絡を入れたという。2人は交際を開始して1か月ほどだったと伝えられている。

 しかし、応答したのは男性ではなく、とある「女性」であった。女は浮気を疑って激怒。電話口で男性と口論になったそうだ。なお女性は男性の親戚で、恋愛関係はなかったとみられる。男がこのときどこにいたのか、女性が近くにいた理由は報じられていない。

 怒りの収まらない女は男性の自宅へ。女が合鍵を持っていたかは不明だが、男性の家に無断で侵入し、男性の所有物を数点盗んで車に詰め込んだ。女は再び家の中に戻り、リビングのソファーに火をつけたという。女は火をつける瞬間の動画を撮影し、「所有物が無事だといいね」などとつづり、男性の携帯メールに動画を添付して送信したそうだ。

 女が火をつけたとき男性は留守で、家には誰もいなかった。男性は自ら緊急通報し、消防隊がすぐに駆けつけて消火活動にあたったという。火は燃え広がり建物の構造部分まで到達し、半焼したと伝えられている。男性によると、男性は2歳の娘と2人暮らしで、家は父親から受け継いだものだそうだ。男性らは家に戻れない状態が続いている。男性はクラウドファンディングを通じて、資金援助を募っているという。

 事件発生の翌日、女は放火、窃盗などの疑いで警察に逮捕された。女の認否は明らかになっていない。初公判は12月6日の予定だ。なお、女と男性はすでに別れているという。

 このニュースが世界に広がるとネット上では「恐ろしい。浮気を疑われただけで家を燃やされるとは」「怒ったときのリアクションが明らかに行き過ぎ」「嫉妬深い女はやめておけ」「娘がいるならなおさら、交際相手は慎重に選ばないと」「男はどこにいた? 女のカンは鋭い。浮気だったのかも」「男の行動も軽率。手が離せないからといって、女性に応答させるなど、リスクが大きすぎる」といった声が上がった。

 交際相手が浮気をしたとしても、報復で家に火をつけるなど、明らかに行き過ぎた行為だ。火災による人的被害がなかったのは、不幸中の幸いかもしれない。

記事内の引用について
Sheriff’s office: Texas woman burns down boyfriend’s house in Atascosa(Valleycentral)より
https://www.valleycentral.com/news/sheriffs-office-texas-woman-burns-down-boyfriends-house-in-atascosa/
‘I Hope Your House Is Okay’: Texas Woman Allegedly Set Fire to Boyfriend’s Home Because Another Woman — His Relative — Picked Up the Phone(Law and Crime)
https://lawandcrime.com/crime/i-hope-your-house-is-okay-texas-woman-allegedly-set-fire-to-boyfriends-home-because-another-woman-his-relative-picked-up-the-phone/

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?