台湾で観光バス炎上し中国人観光客ら26人が死亡、走行中に運転手がした自殺行為が原因

記事まとめ

  • 今年7月、台湾で観光バスが炎上しガードレールに衝突、中国人観光客ら26人が死亡した
  • 台湾警察当局は9月10日、運転手の自殺行為が原因の事故だったことを明らかにした
  • 運転手がガソリンを運転席にまき、走行中にライターで火を付けて自殺を図ったとされる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております