米オクラホマ州で女性警官が発砲、丸腰の黒人男性が死亡

米女性警官が丸腰の黒人射殺

米オクラホマ州で女性警官が発砲、丸腰の黒人男性が死亡

 米南中部のオクラホマ州タルサ警察は9月19日、丸腰で両手を上げている黒人男性が、警官に発砲される現場を上空のヘリコプターから撮影したビデオ映像を公開した。米司法省は、公民権法違反事案として調査に乗り出した。
 事件が発生したのは16日で、テレンス・クラッチャーさん(40)にタルサ警察のベティ・シェルビー容疑者が発砲。クラッチャーさんは搬送先の病院で死亡した。
 タルサ警察のチャック・ジョーダン署長は記者会見で、「この事件では正義を達成する」と述べ、捜査の透明性を証明するためにビデオ映像をメディアに公開した。
 被害者遺族の弁護士は、警察とは別の記者会見で「これは不当な発砲であり、起きてはならないことが起きた」と述べた上で、シェルビー容疑者を訴追すると語った。
 警察のヘリコプターから撮影されたビデオ映像には、両手を上げたクラッチャーさんの後ろに拳銃を構えた警官が映っている。ヘリコプターの無線には、クラッチャーさんが指示に従わないという声と、「犯罪者のようだな、何かやらかしたかも」という別の乗員の声が録音されていた。その直後にクラッチャーさんが道路に倒れ、女性警官の「発砲!」という声が警察ラジオで聞こえた。上空からの映像には、仰向けに倒れたクラッチャーさんの身体から血のようなものが流れ出す様子が映っている。
 パトカーの車載カメラの映像には、クラッチャーさんの後ろから銃を構えた警官がついてくる様子が映っており、数秒後に「パン」という音がしてクラッチャーさんが倒れた。警察無線には、「彼(クラッチャーさん)がテーザーガンにやられたのかと思った」という男性警官の声と、女性警官の「発砲」という声が録音されている。 
 タルサ警察によると、男性警官がクラッチャーさんにテーザーガンを使い、シェルビー容疑者が発砲したという。シェルビー容疑者は停職処分を受けて謹慎中。
 警察の説明では、クラッチャーさんは銃を所持しておらず、車の中にも銃は見つからなかったが、発砲直前に警官の指示に従わなかったという。
 米国では、白人警官が丸腰の黒人男性を射殺する事件が各地で相次ぎ、人種問題が再燃しており、司法省は公民権法違反の疑いで調査を開始した。

(アメリカ、タルサ、9月19日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)