マレーシア機撃墜、捜査当局が親ロ派地域からの攻撃と断定(字幕・28日)

 2014年7月にウクライナで発生したマレーシア航空機撃墜事件を調べているオランダなどの合同捜査当局は、機体は親ロシア派武装勢力が支配する地域から発射された、ロシア製ミサイルにより撃ち落とされたとの見解を示した。これに対しロシアは反発。