内戦続くイエメンでコレラの感染例、流行への警戒強める(字幕・11日)

内戦イエメンでコレラ感染例

内戦続くイエメンでコレラの感染例、流行への警戒強める(字幕・11日)

 内戦が続く中東イエメンの首都サヌアで、今月7日以降コレラの感染例が報告されており、国連や現地の医師らは警戒を強めている。いまのところ流行の兆しはないが、長引く内戦で医療機関の半数近くが業務を停止しており、いつ状況が変わってもおかしくない。