敗走続くイスラム国、シリアで「最終決戦の地」失う(字幕・16日)

 トルコが支援するシリア反体制派は16日、シリアの都市ダビクを過激派組織「イスラム国(IS)」から奪還したと発表した。ダビクはムハンマドの言行録ハディースの中で、イスラム教徒と不信心者の「最終決戦の地」と位置付けられ、ISは英文広報誌の名称にするなど宣伝活動に利用してきた。