奪還作戦が続くイラクのモスル、ISは平穏ぶりを強調(字幕・18日)

 17日に始まった、過激派組織「イスラム国」(IS)が実効支配するイラク北部のモスル奪還作戦で、イラク軍などはこれまでに同市周辺のおよそ20の村を解放した。一方ISは、モスル市内を撮影したとする映像を公開。その中で市民は、生活に異変がないことを強調している。