台湾の同性婚巡る違憲判断、大法官会議が24日に結論

 台湾の最高司法機関である司法院大法官会議は5月24日、同性婚の合憲性を巡る判断を下す。
 結果によっては、台湾がアジアで最初に同性婚を認める国になる可能性がある。
 仮に、司法院がLGBT社会が望むような判断に至ったとしても、法改正には1年か2年はかかるものと専門家はみている。
 台湾は性的少数者に寛容とされており、昨年5月に就任した蔡英文総統も積極的に理解を示す立場をとっている。

(台湾、台北、5月23日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)