トランプ米大統領が弔意、英国爆発実行犯は「負け犬」

 中東諸国歴訪中のドナルド・トランプ米大統領は5月23日、ヨルダン川西岸地区のベツレヘムでパレスチナ自治政府のアハムード・アッバス議長と会談、パレスチナ和平について話し合った。
 会談後の共同記者会見で、トランプ大統領は英国マンチェスターのコンサート会場で起きた爆発事件に触れて、犠牲者に弔意を表すと同時に、爆発実行犯らを今後は「卑劣な負け犬」と呼ぶと述べた。

(パレスチナ自治区、ベツレヘム、5月23日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)