台湾が同性婚を法制化へ、現行民法は憲法違反

 台湾の憲法裁判所に当たる司法院大法官会議は5月24日、結婚の前提を男女間に定めた現行民法の規定が、婚姻の自由と平等を保障した憲法の趣旨に反するとの判断を示した。その上で、同会議は2年以内に立法措置をとるよう勧告した。

 この結果、台湾のレズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーなどのセクシュアル・マイノリティーに、同性婚法制化への道を開いた。大法官会議は、もし2年以内に法制化されない場合でも、同性婚を望むカップルの婚姻登録は認められなければならないと指摘。

 アジア地域で最もリベラルといわれる台湾。同性婚容認の司法判断が示されると、立法院周辺に集まった数千人の性的少数者のグループは、小雨の中で互いに抱き合って祝福しあった。

(台湾、台北、5月24日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)