ポートランド刺殺容疑者、罪状認否に答えず暴言

 米国西海岸オレゴン州ポートランドの通勤列車内で、イスラム教の少女2人に差別的暴言を吐き、止めようとした乗客2人を殺害したとして起訴されたジェレミー・クリスチャン容疑者の初公判が5月29日、ポートランドで開かれた。
 係官2人に挟まれて入廷したクリスチャン容疑者は、罪状認否には答えず、代わりに「言論の自由かさもなくば死だ。アメリカが嫌なら出て行け。反ファシスト運動に死を。言論の自由が嫌なら出て行け。これはテロではなく愛国行動だ」などと大声で叫んだ。
 クリスチャン容疑者は26日、通勤列車内で10代のイスラム教徒女性2人に暴言を吐いた。同容疑者は、これを制止しようとした乗客3人を刺し、2人が死亡した。

(アメリカ、ポートランド、5月31日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)