旺盛な食欲が頼り、NY公園で雑草除去にヤギが一役

NY公園ヤギが雑草除去に一役

旺盛な食欲が頼り、NY公園で雑草除去にヤギが一役

 ニューヨークのブルックリン地区にあるプロスペクトパーク管理事務所は、園内の雑草駆除に農薬を使うわけにもいかず思案の末に、ヤギの助けを借りることにした。


 プロスペクトパークは動物園や植物園もある広大な公園で、市民の憩いの場所になっていたが、2012年のハリケーン「サンディ」の襲来で、園内の樹木30本余りが根こそぎ倒れた。倒木を除去した跡の空き地に茂った雑草が生い茂り、この除去に管理事務所のスタッフは頭を痛めていた。

 ヤギであれば毒のあるポイズン・アイビーも食べてくれるというので、同州の動物農場から4頭のヤギを借り、植林予定区域に放したところ、1日1頭が約11キロの雑草を食べて、植林の助けになることが分かった。

(ニューヨーク、アメリカ、6月9日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)