ノーベル平和賞活動家の釈放要求、香港で活動家がデモ

 末期がんと診断され、刑務所から病院に移送されたノーベル平和賞受賞の中国人民主活動家劉暁波氏の釈放を求める人権活動家のデモが28日、香港であった。
 劉氏と中国人作家303人は2008年、連名で中国共産党の一党独裁の終結、三権分立、民主化推進、人権状況の改善などを求めた宣言文「零八憲章」をインターネット上に発表した。
 劉氏は翌年、国家政権転覆扇動罪により懲役11年の判決を言い渡されたが、同氏の長年の民主活動に対してノーベル選考委員会は2010年、平和賞を授与した。
 欧米では、劉氏の釈放や国外での治療を求める声が上がっているが、中国政府は「内政干渉」と一蹴。

(中国、香港、6月28日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)