タイムズ広場にハチの大群、移動中の休憩で大騒ぎ

 ニューヨークの中心部タイムズ・スクエアに6月27日、およそ3万匹のミツバチの大群が現れ、ニューヨークっ子を驚かせた。
 毎年恒例の大晦日のカウントダウンが行われる「ワン・タイムズ・スクエア」ビルの一角にミツバチがびっしり。ニューヨーク州で4代にわたり養蜂業を営んでいるアンドリュー・コーテさんが通報で現場に駆け付け、掃除機で大群を吸い取った。
 ミツバチは、4ブロック離れたブライアント・パークにあるニューヨーク養蜂家協会が管理する2つの巣箱に移された。
 ハチと聞くと人を刺すと思っている人が多いようだが、コーテさんによれば、それはスズメバチやジカバチで、ミツバチは実際は従順で、優しいそうだ。

(ニューヨーク、アメリカ、6月27日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)