「やむを得なければ」軍事行動辞さず、米国連大使が北朝鮮に警告(字幕・5日)

 北朝鮮が初の大陸間弾道ミサイルの発射実験を行ったことを受けて、米国のヘイリー国連大使は5日の国連安全保障理事会で、必要があれば軍事力の行使も辞さない姿勢を打ち出し、北朝鮮をけん制した。だが、北朝鮮の核開発を封じ込めるという米国の政策は、実現が一層困難となった。