自動綿菓子ロボット、エジプトの学生4人組が製作

 エジプトの若者グループが、自動で綿菓子を作るロボットを設計・製作した。「ビッグ・ヒ-ロー6」と呼ばれる学生グループは、綿菓子ロボット製作で数々の賞を射止めた。
 
 チームは、プログラマーと機械設計担当、電気設計担当とデザインコーディネーターの4人。最初は、台所で人の代わりに料理をするロボットを製作するつもりだったが、難しすぎるということで、綿菓子ロボットに変更になったという経緯がある。まずアームを作って、ロボットの設計、基盤の設計、配線、部品製作と進んで、組み立てたのが綿菓子ロボット。

 チームは将来本格的エジプト料理を作るロボットの制作を夢見ている。チームは、9月にニューヨークで開催される世界的に権威のあるロボットデザイナーの展示会「世界メーカー・フェア」に招待されており、参加費用を募っている。

(エジプト、カイロ、7月18日、取材・動画:ロイター、日本語翻訳:アフロ)