韓国ソウル市内で「慰安婦少女像バス」運行開始、「行き過ぎ」と批判の声も

記事まとめ

  • 韓国で、慰安婦被害を象徴する少女像を設置したバスが14日、運行を開始
  • バスの運行は、「歴史を忘れないために」と、バス会社社長が個人の判断で始めた
  • 公共交通機関にまで像を設置することには「行き過ぎだ」という批判も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております