インドの鉱山で作業員15人が2週間以上閉じ込め 救助作業は難航し生存の可能性は低い

記事まとめ

  • インド北東部の鉱山内部に洪水が流れ込み、鉱山作業員15人が2週間以上閉じ込められた
  • 作業員の安否を確認する手がかりは一切見つかっておらず、生存の可能性は低いとも
  • この鉱山は違法に開発された鉱山で、そのずさんな管理体制に批判が高まっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております