中国・ウクライナ外相会談 中国は「建設的役割果たす」と改めて強調

中国・ウクライナ外相会談 中国は「建設的役割果たす」と改めて強調

中国・ウクライナ外相会談 中国は「建設的役割果たす」と改めて強調の画像

アメリカを訪問中の中国の王毅外相はウクライナのクレバ外相と会談し、ウクライナ問題に関し、引き続き建設的役割を果たしていく考えを改めて強調しました。

中国国営の新華社通信によりますと、国連総会に出席するためニューヨークを訪れている中国の王毅外相は22日、ウクライナのクレバ外相と会談しました。

この中で、王氏はウクライナ問題について、習近平国家主席の「すべての国の主権と領土保全を尊重し、平和的に解決するすべての努力を支持すべきだ」という発言を紹介しながら中国の立場を説明しました。

そのうえで、「中国は責任ある大国、また国連安保理の常任理事国として常に平和をすすめて対話を促し、傍観することも火に油を注ぐこともしない。機会に乗じて利益をむさぼるつもりもない」と述べ、「私たちは常に平和の側に立ち、引き続き建設的役割を果たしていく」と改めて強調しました。

一方、クレバ外相は「中国の国際的な地位と重要な影響力を重視している。現在の危機を緩和するために中国が重要な役割を果たすことを期待している」と述べたということです。

これに先立ち、王氏は21日にロシアのラブロフ外相とも会談、ウクライナ問題を対話によって解決するよう求めています。

関連記事(外部サイト)