「日本は消費税最大26%まで引き上げ必要」OECD(経済協力開発機構)が報告書で提言

記事まとめ

  • OECD(経済協力開発機構)が日本に対する報告書で、消費税について言及した
  • OECDは財政収支の黒字化に向けて「消費税最大26%まで引き上げ必要」と試算した
  • 報告書ではその他にも、ジェネリック医薬品の普及による医療費削減の必要性も提言

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております