NYダウ平均株価が800ドル超の大幅下落 長短金利逆転で「景気後退の予兆」とも

記事まとめ

  • ニューヨーク株式市場、ダウ平均株価は800ドルを超える今年最大の下落となった
  • アメリカの10年物国債が買われた結果、長期金利が短期金利を下回る逆転現象が発生
  • この逆転現象が前回起きたのはリーマンショックの前で、「景気後退の予兆」とされる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております