中国「独身の日」、ネット通販 大規模割引セールが過熱

中国「独身の日」、ネット通販 大規模割引セールが過熱

中国「独身の日」、ネット通販 大規模割引セールが過熱

 11月11日は「1」が並ぶことから中国で「独身の日」と呼ばれ、毎年、ネット通販で大々的なセールが行われます。中国経済は減速傾向ですが、この日の取引総額は過去最高を更新する勢いです。

 「独身の日のセールが始まって、12分49秒で(取引総額)500億元を突破しました」(記者)

 中国のネット通販最大手、アリババのセールには過去最多の20万以上のブランドが参加。取引総額は日本時間午前11時すぎの時点で、およそ1690億元、日本円で2兆6000億円を突破しています。

 中国経済が減速するなかでのセールとなりましたが、去年を上回るペースで、過去最高だった去年のおよそ3兆5000億円を超える見込みです。(11日11:13)