スペイン・バルセロナで観光客の数を削減する政策 「観光客は帰れ」との落書きも

記事まとめ

  • オリンピック以降、有数の観光都市となったバルセロナで反観光客感情が高まっている
  • サグラダ・ファミリアには『観光客が街を殺す』とのステッカーが貼られているという
  • 迷惑行為に加え、家賃もこの4年間で高騰し、地元の住民が相次ぎ出ていっているよう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております