月末に期限を迎えるVAT引き下げ措置、1年延長を決定

 タイ政府は13日、今月30日に期限を迎える付加価値税(VAT)の暫定的な引き下げ措置を1年間延長することで閣議決定した。 

タイ首相府発表によると、タイ経済は回復基調にあるが、依然世界経済の回復は弱い状況が続いていること、為替相場も不安定な状況にあることから、延長を決めた。

この暫定的な引き下げ措置は、1992年にVAT導入直後に経済界からの反発によって、法律で定められた10%から暫定的に7%に引き下げる措置が取られた。それが現在も継続した状況が続いている。

関連記事(外部サイト)