8月の空港利用者、前年比9.18%増

 スワンナプーム国際空港をはじめタイ国内6空港を管理するエアポーツ・オブ・タイランド(AOT)は、今年8月の同社が管理する空港の利用者数が前年同月比9.18%増の1047万3197人となったと発表した。これにより今年1〜8月の同利用者数は12.22%増の8210万7794人となった。 

各空港の8月の利用者数は、スワンナプーム国際空港が同2.73%増の477万7894人、ドンムアン空港が同17.18%増の307万9339人、チェンマイ空港が同9.23%増の78万9716人、ハートヤイ空港が同8.02%増の33万6012人、プーケット空港が同16.92%増の133万1903人、チェンラーイ空港が同12.39%増の15万8333人となった。

これにより今年1〜8月の利用者数は、スワンナプーム国際空港が同5.96%増の3804万4857人、ドンムアン空港が同20.34%増の2363万2058人、チェンマイ空港が同13.91%増の623万5059人、ハートヤイ空港が同7.75%増の261万8324人、プーケット空港が同19.33%増の1027万7917人、チェンラーイ空港が同17.31%増の129万9579人となった。

関連記事(外部サイト)