各地で水害、金取引が減少

 タイ中部や東北部を中心に洪水被害が出ているが、この影響で金販売店の個々最近の売上が例年に比べ20%程度減少しているそうだ。 

タイ地元紙によると、金販売協会関係者の話では、洪水によって一部の店舗が閉鎖に追い込まれたり、田畑が冠水し農作物に被害が出たことで、農業関係者の収入が減少し購買力が低下していることなどが理由としている。ただ年末頃には活気を取り戻すものと予測している。

関連記事(外部サイト)