邦人男性がタイ人元妻を銃撃

邦人男性がタイ人元妻を襲撃、重傷負わせる

 19日午後9時過ぎ、バンコク都内サーイマイ区で、日本人男性が元妻を襲撃し重傷を負わせる事件が起きた。 

タイ地元紙によると、この男性(60)は、元妻であるタイ人女性(58)と話し合いをするため、区内にある女性宅を訪れたが、家に入れてもらえず大喧嘩になったそう。

警察が駆けつけ仲介に入るも、男性は聞き入れず、所持していた拳銃で女性を撃ち、重傷を負わせた。その後男性は、現場で自首したそうだ。

この男性と女性は、離婚した際に土地家屋の所有権でもめており、裁判の末にすべて所有権が女性にあるとの判決が下されていた。これに男性は納得できなかったようだ。

事件当時、友人に依頼して書かせたタイ語の手紙を所持していたが、脅迫するような内容だったそうだ。

関連記事(外部サイト)