クーデターから3年、軍事政府は高支持率維持

 2014年5月22日に起きた陸軍によるクーデターから3年が経過したが、依然軍事政府は高支持率をキープしている。 

私立バンコク大学の世論調査バンコクポールが今月24〜25日に全国1269人を対象に行なった世論調査で、プラユット首相に対する支持率が前回調査から52.8%と過半数を超えている。これに対して25.6%が支持しない、21.6%が無回答だった。

総選挙については、50.6%がすぐに行なって欲しいと回答する一方で、24.6%がどちらでもいい、21.8%がこのままでよいという結果となった。

関連記事(外部サイト)