偽格安スマホが流通、警察が大量押収

 タイ当局は、格安スマートフォンメーカーOPPOのコピー商品約100台を押収したと発表した。 

タイ地元紙によると、当局はOPPOタイランドから最近店頭やオンラインサイトで、自社製品のコピー商品が販売されているとの通報を受け、倉庫となっていた中部パトゥムターニー県にある住宅を捜索したところ、大量の同社のスマートフォンを模したコピー商品が見つかったそう。この住宅にあった全102台を押収、被害総額は約100万バーツと見られている。

同社によると、今年3月頃にコピー商品を購入した人物が修理で持ち込んできたことから発覚。詳しく調べたところ、他にもタイ国内で流通していることが確認できたため、警察に通報したそう。

関連記事(外部サイト)