コラートに路面電車、150億バーツを投じて

 タイ運輸省は、東北部ナコーンラーチャシーマー県に次世代型路面電車(LRT)の整備に向けた準備を進めているようだ。2020年に着工し、2023年に操業開始を予定している。 

タイ地元紙によると、同省交通政策局(OTP)は、同県の国立大学に事業化調査を依頼したそう。3路線、総延長距離54.4キロ、整備費用は約150億バーツを想定している。

関連記事(外部サイト)