北部でジカ熱感染者、流行の兆しか

 タイ北部ピチット県で、ジカ熱感染者が確認されたことがわかった。 

タイ地元紙によると、ウィラサック県知事は、今月に入ってブンナーラーン郡でジカ熱感染者が確認されたとし、これまでに感染が確認されたのは11人、また感染疑いのある人は27人に達していると明かした。これによる死者は確認できていないそう。

また知事は、これまでにチャイヤプーム県、ウボンラーチャターニー県など県外でも感染者が確認されているとし、感染者が拡大しないよう注意する必要があるとしている。

関連記事(外部サイト)