バンコク〜コラート間の高速鉄道建設計画を閣議決定、2021年開業へ

 タイ政府は11日、中国政府と協力で高速鉄道バンコク〜ナコーンラーチャシーマー区間(253.3キロ)を建設することを閣議決定したと発表した。2021年までに開業を目指す。 

タイ地元紙各紙によると、このプロジェクトの事業費は1794億1300万バーツ。中国側から技術協力を求めるが、資金については中国側からの要求が厳しかったことから、タイ財務省が独自で調達する。

バーンスー地区にバンコク側の始発駅建設。この他、ドンムアン、アユタヤ、サラブリー、パークチョン、ナコーンラーチャシーマーに駅を建設する。

バンコク〜ナコーンラーチャシーマー区間を1時間17分で結ぶ。乗車賃はバンコク〜アユタヤ区間で278バーツ、バンコク〜パークチョン区間で393バーツ、バンコク〜ナコーンラーチャシーマー区間で535バーツとする。

関連記事(外部サイト)