観光ビザ手数料免除、延長はしない方針

 観光・スポーツ省は、来月末で観光ビザ手数料の免除期間が期限を迎えるが、延長はしない方針のようだ。 

タイ地元紙によると、ここ最近観光客数も好転し始めたことから、延長の必要はないと判断したそう。

中国人向けの悪質な格安ツアー撲滅の影響で、中国からの観光客が急減したことを受け、期間限定で観光ビザの手数料免除(シングルビザ)及び21カ国を対象とした到着ビザ(VOA)の取得手数料を半額とし、観光客を呼び込む対策を講じていた。

関連記事(外部サイト)