パープルライン延伸計画、閣議決定

 タイ政府は、パープルラインの延伸計画を閣議で承認した。 

タイ地元紙によると、この計画は現在の終着駅であるタオプーン駅とラートブラナ地区の区間(23.6キロ)を結ぶもので、総事業費は1011億1200万バーツ。

23.6キロのうち、12.6キロが地下、11.0キロが地上(高架橋)となる。建設される駅は17駅。

今年10月に競争入札を行い、来年9月に着工する。予定通りに進めば、2024年5月に開業だ。

関連記事(外部サイト)