バンコク〜チェンマイ間の高速鉄道、建設に黄信号

 日本が建設に協力することで合意しているバンコク〜チェンマイ間の高速鉄道だが、1日あたりの利用者数が当初の想定から大幅に引き下げられたため、当局が計画の見直しを決めたようだ。 

タイ地元紙によると、国際協力機構(JICA)による事業化調査結果で、1日あたりの推定利用者数が当初の3万人から1万人に引き下げられたそうだ。1日あたり5万人の利用者で黒字化が可能とされている。

これを受け、運輸省やタイ国鉄道公団(SRT)関係者らは、事業費の縮小を検討する必要が出て来たと明かしている。

関連記事(外部サイト)