タイ商工会議所大学、今年のGDP見通しを引き上げ

 タイ商工会議所大学(UTCC)経済ビジネス予測センター(CEBF)は、今年のGDP成長率見通しを前回予想のプラス4.4%からプラス4.6%に引き上げた。 

コメやトウモロコシなど農産品価格が高値を付けていること、民間企業の投資、消費などが回復基調にあること、輸出や観光などが引き続き好調を維持していることが引き上げの理由。

輸出に関しては、前回予想の前年比6%像の2508億米ドルから同8.7%増の2572億米ドルに引き上げた。

関連記事(外部サイト)